1. トップページ
  2. よくあるご質問
  3. 建設業法について
  4. 一括下請負について

よくあるご質問(FAQ)

Q.一括下請負は可能か?

原則不可ですが、例外的に可能な場合があります。

A.建設業法第22条に以下のとおり明記されております。

@建設業者は、その請け負った建設工事を、如何なる方法をもってするを問わず、一括して他人に請け負わせてはならない。
A建設業を営むものは、建設業者の請け負った建設工事を一括して請け負ってはならない。
B前二項の規定は、元請負人があらかじめ発注者の書面による承諾を得た場合には、適用しない。

 上記の@についてですが、建設工事の目的物の完成を期待するためには、その工事の施工の全般に適正な施工を求められるものであり、 注文者の信頼を損なってはならないのは言うまでもありません。建設業者が自社で請け負った建設工事を一括して下請負させることは、 工事施工の責任の所在を不明確にし、適正な工事の施工を妨げるものであります。また、中間利潤をとられ請負代金の割り増しや工事の質の低下を招く恐れがあります。 そのため、一括下請負は、原則禁止されております。

また、上記のAは、@を徹底するため一括下請負人に対しても同行為を禁止したものであります。

 上記のBについてですが、一括請負の禁止の例外を定めたものです。一括下請負に該当する場合であっても、請負代金の額が適正に定められており、 元請負人と下請負人の間に不当な中間搾取がなく、下請契約の内容も適正であり、工事の適正が保証される場合特にこれを禁止する理由がないというになります。

そこで、あらかじめ発注者の書面による承諾を得た場合には、一括下請負を禁止しないこととしました。

取り扱い業務

所在地

[電話番号]
TEL:072-438-8607
FAX:072-432-6743
9:00 〜 18:00 まで受付

[住所]
〒597-0082
大阪府貝塚市石才90-3

[地図]

地図クリックで詳細表示
アカウント名:赤田法務行政書士事務所
LINE@ID:@akada-office.com
友だち追加数
LINEからでもお気軽にお問い合わせください!