1. トップページ
  2. よくあるご質問
  3. 建設業許可について
  4. 赤田法務行政書士事務所

よくあるご質問(FAQ)

Q.建設業の許可が必要ではない業務とは、どのようなものですか?

A.建設業法でいう建設業とは、建設工事の完成を請け負う営業を指します。

 建設業法上の「建設工事」は、土木一式工事や建築一式工事など28種類に分かれていますが、全ての業種の定義において、建築物や土木工作物を作る、あるいは加工・取り付けなどの作業を通じてそれらに機能を付加するなどの要素を含んだものが工事とされています。

 宅地建物取引業の営業や物品の販売など建設業と異なる営業や、建設業に近い営業であっても下記の例の業務はこうした要素を含まないため建設工事にはあたりません。

 【建設工事にあたらない業務の例】

 ・樹木の剪定や伐採、草刈り、道路などの清掃作業、設備・機器の点検業務

 ・建設機械や土砂などの運搬業務

 ・ボーリング調査などの調査業務、測量業務

 ・船舶や航空機などの土地に定着しない工作物の建造

取り扱い業務

所在地

[電話番号]
TEL:072-438-8607
FAX:072-432-6743
9:00 〜 18:00 まで受付

[住所]
〒597-0082
大阪府貝塚市石才90-3

[地図]

地図クリックで詳細表示
アカウント名:赤田法務行政書士事務所
LINE@ID:@akada-office.com
友だち追加数
LINEからでもお気軽にお問い合わせください!