1. トップページ
  2. よくあるご質問
  3. 建設業許可について
  4. 代表取締役を兼務すると問題がありますか?

よくあるご質問(FAQ)

Q.ある建設会社で代表取締役をしているのですが、別の建設会社からも代表取締役就任のオファーをもらいました。

建設業法的に問題はないのでしょうか?

A.ふたつの会社で代表取締役になるということ自体は建設業法で制限されてはいません。複数の会社を持つことも可能です。ただし問題となる場合もあります。それは、経営業務の管理責任者や専任技術者に就任している場合です。

経営業務の管理責任者や専任技術者はその会社に常勤する人でなければなりません。ある会社の代表取締役で経営業務の管理責任者や専任技術者になっている人は別の会社では常勤になることはできません。別の会社で代表取締役になる場合は、非常勤の代表取締役ということになります。もちろん、非常勤の会社の方では経営業務の管理責任者や専任技術者になることもできません。

東京都への建設業許可申請の場合などは代表取締役に関わらず、複数の会社で取締役になっている人がある会社で経営業務の管理責任者や専任技術者に就任する場合は、常勤の証明とは別に、他に取締役をしている会社の非常勤証明書の提示も求められます。

複数の会社で代表取締役に就任することは可能ですが、建設業法で常勤でなければならないと定められている経営業務の管理責任者や専任技術者になる場合は注意が必要なのです。

取り扱い業務

所在地

[電話番号]
TEL:072-438-8607
FAX:072-432-6743
9:00 〜 18:00 まで受付

[住所]
〒597-0082
大阪府貝塚市石才90-3

[地図]

地図クリックで詳細表示
アカウント名:赤田法務行政書士事務所
LINE@ID:@akada-office.com
友だち追加数
LINEからでもお気軽にお問い合わせください!