1. トップページ
  2. よくあるご質問
  3. 建設業許可について
  4. 定款に入れるべき事業目的は?

よくあるご質問(FAQ)

Q.新たに会社を設立して建設業許可を受けるのですが定款の事業目的はどうすればいいのでしょうか?

A.新たに会社を設立して許可を受ける場合、定款の事業目的にこれから行う事業のことを記載しますが、建設業許可を受ける場合は工事の「請負」や「施工」を行うことを記載しておきましょう。

特にこうしなければいけないということはありませんが、行う事業を具体的に入れるか、「建築工事業の請負い」、「土木工事の施工」というように曖昧に記載しておくこともできます。

建設業許可を受けるときは、要件を満たしていればいくつかの業種で同時に許可を受けることも可能です。その点を考慮すると、具体的に行う事業についての記載と同時に、建築工事や土木工事も行うというようにしておくといいかもしれません。

また、東京都の申請では、申請の段階で事業目的から建設業を行うことが読み取れなくても念書を提出することで許可を受けることができます。その後の取締役会などで定款の変更を決めて事業目的を変更すればいいのです。

ただ、事業目的を追加するだけでも登記の変更などで手間と手数料がかかります。新たに会社を設立するのであれば二度手間にならないようにあらかじめしっかりと事業目的を入れておくようにしましょう。

取り扱い業務

所在地

[電話番号]
TEL:072-438-8607
FAX:072-432-6743
9:00 〜 18:00 まで受付

[住所]
〒597-0082
大阪府貝塚市石才90-3

[地図]

地図クリックで詳細表示
アカウント名:赤田法務行政書士事務所
LINE@ID:@akada-office.com
友だち追加数
LINEからでもお気軽にお問い合わせください!